読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bla bla bla

日常のあれこれ

2016年が始まった頭に、「恋愛ごと、大丈夫だ」という突然のひらめきがあってサッと視界が晴れたことを先日唐突に思い出した。

大丈夫というのは結構ですのほうではなく、アリですのほうの大丈夫だったので、本当に天からのお告げか何かかというような感じではあったのだけど、結局振り返ってみれば別に恋人ができることもなければ誰かを好きになることもなかったのだった。

ただ心境の変化として、他人を受け入れる体制が以前と比較すると何倍も緩くなったと思う。以前はもっと頑なに固辞しているような部分がたくさんあって、笑ってるけど許してない、みたいな気持ちでいることが本当に多く、それは非常に閉鎖的であったことは自他共に認めるレベルだったのだけど、今はそのへんがかなり緩まっていて、ミーハー具合に加速がついたというか、影響されるの悪くないかもね?みたいな気持ちが大きくなっている。この感覚をうまく文字に起こせないけど自分としてはとても大きな変化だと思っている。

何かをするなら100%、完璧、非の打ち所なしという完璧主義に別れを告げて、広く浅くゆるりと続けて気付いたら10年選手でした、ということも必ずしも悪ではないことを体感として受け入れられつつある。

 

先日目標を書いたばかりだけどもさらに今、友人に感化されてzine作ろうかなという気持ちになった。

ブルーノートにライブを見に行って、楽器いいよなかっこいいよな、あんなんできたら素敵だろうなーという気持ちにもなった。初期投資とか考えて多分これはやらないけど。

自我の軸がブレてるのかもしれないけど悪いことじゃないと思いたい。

他人の要素を自分の中に入れる壁が低くなった感覚はせっかくだからいい方向に転がせていけたらと思う。

気持ちの上では「次に少しでも気になる異性が現れたら自己卑下をやめて付き合いを深めてみよう」とすら思っているくらいだから相当な変化に違いない!

 

とにかく総じて「ミーハーになった」という言葉がしっくりくる。

2017年はミーハーに生きていこう。

2017年の目標

・部屋の椅子と姿見を買う

・ピアス穴を1つ増やす

・スケボーで通勤 

・新しいことを始める(中国語かタップダンス)

・英語力の向上

・海外旅行で一度はニューヨーク、後はオーロラとクリスマスマーケットを見に行きたい

1/9時点で思いつく限りではこんな感じ

 

年明け3日から見事に急性胃腸炎になりあわや死ぬかと思ったところでなんとか押さえ込んだものの、復活しかけたところでついでに風邪ひいて声が出ないという満身創痍な有様ではありますが

切実な気持ちで心身ともに健康でいたい限りです

 

あと他人を羨んで鬱ぎ込むのを減らす

良いものや良いことは素直に受け止めつつ、ダメになりそうであれば首突っ込まないで逃げるようにする

 

とにかく今年も親しい皆様がいつもハッピーでいてくれるのが一番良い

今年もよろしくお願いいたします

 

呪い

一人暮らしをしたらコンビニでご飯やお菓子を買い、夕飯はポテチで済ませ、喉が乾いたらコーラを飲み、実家ではし得ないそんな雑な生活を送ることができる、ということを、やるかやらないかは別として割と本気で信じていたのだけど、いざ蓋を開けてみると実家の時と同じくらいスナック菓子は食べないし、コンビニ弁当で夕飯を終わらす事はほとんどないし、なんなら23時前に家に帰って来てもそこからパスタを茹でて食べたりしているという現実に際し、親の教育の賜物というかもはや呪いなのでは?とすら考えた。

コーラやらオレンジジュースやらが冷蔵庫にあるのは日常ではなく家で飲み会を開いた後の残りがある時くらいで、夕飯は必ず食べ、お菓子は必要最低限、みたいなことがたった25、6年生きただけでも染み付いていて、そういう風に生きて来たからきっとこれからもそうなんだろうと思う。

お弁当に冷凍食品を入れることもなく、クリームチーズや生クリームを料理に使うこともない。

何をしてても親の存在がまとわりつく。 育った環境、教育の賜物。

感謝の気持ちもあるし、恐ろしさもある。

未だにお菓子を買うと、ああこれが許されてるんだ、と解放感に溢れる。

きっとこれからもいろんな場面でこういうことを考えるんだろうと思う。

他人と生活をしていて、自分の感覚があまりにも他人と違うという当たり前のことに気付くことがたくさんあり、その度に親を思い出してはしみじみとした気持ちになっている最近、という感じです。

 

何が言いたかったのかわからなくなっちゃったー

f:id:kokesi:20161111043736j:image

アメリカの情報を追っかけているソース元は大体舞台関係やLGBT当事者の人たちなので、もちろん今回の大統領選でトランプを応援する人は皆無でまさか本当にトランプが選ばれるだなんてねという感じではありましたが

何が起こるかわからないものだなあ

 

他国の情勢に興味を持つよりもまずは自国がどうなっているかを知るべきだよね本当は

あなたの国はどうなの?あなたは自分の国が好き?と聞かれた時に胸を張って自分の国のことを話せるのかしら?と考えると絶対に話せないんだよな

最近どう?楽しい?と聞かれて条件反射的に楽しい!と返すことができるくらいの充実度を持って日々を過ごしていたいものです

 

アメリカが好きなのって記憶にはほとんど残ってなくても住んでたことがやはり大きいんじゃないかと思う

もちろん住んでいた時の記憶を補填するように見続けた当時親が撮った写真の素晴らしさが影響しているのもあるだろうけど

記憶は美化されるのが常だし

マンハッタンも良いけどニュージャージーのほうが穏やかな気持ちになる

大きなモールに行った時の田舎らしい安心感、ああこれだよ、という懐かしさすら覚える気持ち

緑が溢れててガチャガチャしてなくて

今回も紅葉が見事で、澄んだ青空と穏やかな気候とが合わさって本当に素敵だった

わたしも住んでみたいな

ただこれからは住むこととか旅行することでさえももしかしたら感覚が変わったりするのかもしれないな

 

難しいないろいろ

選択肢は常に多く用意して、掴むタイミングは逃さないよういつでも備えをしておくことが大切

業務でゴッホゴーギャン展に行った。
平日の朝イチなのにかなり多くの来場客がいて、常に人のざわめきがあり至近距離に人がいるという環境で見るのは正直イマイチではあったけど、先日の若沖展の行列しかり、古典というか定番モノはこういうものなのかな?という感じ。
最近はそういった古典的な名画と呼ばれる展示をわざわざ見に行くということがなく、見ても写真展とか現代よりのもの、あとは同時開催とかの常設の所蔵品展を見るくらいだったので、今回ご年配の方が多いのも目に留まった。もちろん時間帯も平日の日中なのもあるだろうけど、著名な作品の展示ほど年配者が多い印象がある。若い世代はインターネットも使いこなすし、きっと義務教育での資料も豊富に手にしてきて、あーゴッホねひまわりねはいはいとかゴーギャンタヒチのあれでしょみたいな感じなのかなと、実物を見なくても知識として知っているからそれ以上興味ないみたいなこともあったりするのかなとか思ったりした。その点ご年配の方はインターネットとかの目に見えないものよりモノの存在を大事にする(重視する)印象があるので、あたしらの小さい時はこんなの見るなんてね〜的な回顧もありつつこういう展示を見たりするのかなとか。完全に推測なので実際のところはわかりませんが。
個人的な感想として、ゴッホの絵ってこんなに見てて馴染む絵だったんだっけかという驚きがあった。今回の展示のチョイスも一因してるかもしれないけど、全体的にポップで親しみやすいというか、筆跡に勢いや熱量が感じられて、もっと重く鈍いイメージを持っていたので結構じっくり見た。
反面ゴーギャンはこんなに重たい感じだったかという。reality&imaginationのimaginationサイドとはいえ、架空のイメージとかスピリチュアル感が強くて、こちらが油断してると侵食されてしまうのではという感があった。後半の方の写実的な人物が等はへーこういうのもあるんだのーという感じ。全体的にバカの感想しかなくて学のなさがバレる。恥ずかしい。

高校の時に美術の授業で油画をして、瓶と果物とカゴと、というような静物モチーフを前に、めちゃくちゃ絵の上手い友人を横目に油絵具使ったことないし全然描けないしもうやだ完全にお手上げ…となってたら、回ってきた先生に「ロートレックみたいなタッチだね」と言われ、誰それ?となった直後にロートレック展があり、見に行って、これとわたしのとって似てるか…?!勘違いも甚だしいというか恐れ多いな…?!!と逃げ帰ったことがある。でもそれからロートレックがとても気になるし、ムーランルージュとかのポスター作品はむしろ嫌いじゃない。
わたしはガチガチに写実のぴっちり正確に!というものしか絵を描くにあたって正解じゃないと思っていたので、崩れてたり粗かったり自由だったりする今回の表現を見て、こういう作品に幼少期に触れていたらもっともっと枠にとらわれないでやっていけたりしたのかな?とふと思ったのでした。
小さい時に見てもどこまで理解できるか、受け止められるかはわからないけど、こういうのもあるというデータを貯めておくのは多分悪いことではないだろうし。

何かを理解できるようになると無知に気付くし、無知は罪ではないけど、新しいことを学ぶことの高揚感を思い出して自分も何かしたいなといろいろな憧れを抱いたりしました。
このまま道草して帰れたらいいけどこの後は仕事です。

新しいことのワクワク感を常に追い求めていたいものだな、というところでマンネリに気付く。