読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bla bla bla

日常のあれこれ

「彼氏作らないの」 「別に欲しくないわけではないすよ」 「どうせ選んでんでしょ」 「そんなに選り好みしてるつもりもないんだけどなー」 「選ばなきゃすぐだよ」 「そりゃそうだ」 「どうせバカは嫌とか言ってんでしょ」 「言ってねーよ!笑」 「いやでも…

「あなたは"畏れ(おそれ)"があるんだね」

残虐な画像に接してしまうことについて

「言葉を尽くした上に画像がある」

記録

8月1日:渋谷bunkamuraにてエトワール・ガラ2010 「天井桟敷の人々」のスカルラッティ・パ・ド・ドゥの衣装と、フェリーツェへの手紙が印象に残った スカルラッティ・パ・ド・ドゥの衣装のフィルムをあしらったふんわりしたチュチュと、最初と最後の無…

リアルなもの完璧なもの へたうまやくずれたもの 文字を書くこと 人と出会って話をすること 知識を得ること 環境を変える 「美大」というくくりができている時点で既に他とは隔絶されてしまっている 予備校でも言われたし自分でもわかっているけれど、個性的…

やりたいことができるのって大学生でいられるうちだと思う そう思うのは御多分に漏れず卒業したら就職するつもりでいるからだと思うし、そうしたら自由な時間が確実に減ることがわかっているから 子鹿たんと先日会って夜通し話して、今できること、やりたい…

恋人が欲しいか欲しくないかと言われれば欲しいけど、必要か必要でないかと言われたら微妙。 いたらいいな、くらい 自分を顧みずに相手にぶつかれるくらいの自信はない そういう存在が自分にあることで生まれる気持ちの余裕、みたいなのに憧れてるのはあるかもし…

無名の間は「美大生」とか「美大出身」とかいう言葉を武器にして戦うことも悪くないというか、どのみちそれの持つ力を超えるだけの何かを提示できるようになるまでは、その言葉が自分より前に出てしまうことはしょうがないことなのかもしれないのかなあ、と…

ありふれた風景画

そうか。ここに記しておけば良いのだ。 昨日なんとなく何か本読んでから寝たくなって、青春っぽいのがいいなあと思って積まれていた未読本からあさのあつこをチョイスアンドリード 何よりも爪。爪の描写がとても良い本でした 最近はあまりファンタジーなのは…

期待するのは、相手がその期待に答えてくれるというのをほぼ確信してするのかしら? バイトの場合はきっとそうだろうな。 その人の能力に見合っただけの仕事を割り振っていると思う 仕事とかではない場合はどうなのでしょう でも考えてみたら普段の生活で「…

もう少し考えをまとめたい いつもいつも考え考えって、いい加減お前何がしたいんだってかんじなんだけど そんなのわかったら逆にわたしが教えてほしいわ。 なんか、「言葉」とか「文章」にもっと巧みになりたいと思っている 巧みにというか、使いこなせるよ…

楽しいことが楽しいと素直に思えなくなって久しい 読書量減ったし、アニメ見なくなったし、漫画買うのも減ってきてるし、ピアノも弾かなくなったし、絵も描いてないし 元々それらを頻繁にしてたかどうかって言われたら微妙だけど でも楽しいことを楽しいと感…

なんとなく作ることを避けているのかな、などと最近思う 「自分が何言っても決めるのは相手」という考えが自分の中では結構根強くあって、だからあまり干渉しなくなったり、深入りしないようにしたりしているのだけど、多分それが悪化してきてしまっているの…