読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bla bla bla

日常のあれこれ

なんとなく作ることを避けているのかな、などと最近思う
「自分が何言っても決めるのは相手」という考えが自分の中では結構根強くあって、だからあまり干渉しなくなったり、深入りしないようにしたりしているのだけど、多分それが悪化してきてしまっているのではないかと。
自分と他人は違うんだから比べてもしょうがない、しょうがない、と自分に言い続けたおかげで、まわりまわって「自分が良いと思うように他人のためにモノをつくっても、相手のことは結局わからないから何しても意味ない」みたいになってる
そう思うが故の何かがあるのなら別だけど、特別制作とかもしてないのにどうしてそんなわかったような口をきくのか
どうしてこう及び腰なんだろう
うまく説明ができないんだけど、制作とかそういうものづくりについて頭がうまく働かなくなってきてる
考えるのを拒絶しているのかな
どうしてこうなってしまったんだろう


小さい時はきままに絵を描いて、
小学生の時は友達と絵見せ合ったりすごろくつくったりして、
中学に入ってからは絵手紙交換し始めたからほぼ毎日頑張って、でも楽しく自分の好きな絵を描いて、
高校は受験のための勉強で絵を描いて、展覧会とかも見に行くようになって


今が一番制作とか展示とかから遠のいているなあ
なにもしてないな
どうしちゃったんだろうな


ならやればって自分でいつも言うけど、それももはや無意味
この気持ちを的確に表現する言葉がわからない。
なにしてんだろうな自分。
ちがうなあ