読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bla bla bla

日常のあれこれ

「アヒルと鴨のコインロッカー」「天然コケッコー」

学校サボってHDD消化
両者とも期せずして岡田将生が出ていて変なつながりを感じてしまった


アヒルと鴨のコインロッカー、小説みたいな展開の映画だなあと感じた(原作小説なのは知ってるけど)
映画見てるというよりも、小説をそのまま映画にしてみました、みたいな雰囲気を感じたというか
どこかよそよそしげな、映画と自分の間に一枚壁があるような、でもつまらないのではなくて、次が気になるからページをめくる、その場にとどまる
そこまで起伏のある話ではないけれど、映画見る時の気持ちの高揚とかはあまりなく、かなり冷静に見ていた気がする
上手く言葉にできないけれど。ウオオオってなるわけじゃないけどこういう映画好きよ
とりあえず瑛太の外人顔なかなかすごい


天然コケッコーはとても爽やかですね、青春ですね、少女マンガチックでね、いいね
天気のよさとさっぱりした空気が良い映画でした
岡田将生がイケメンすぎて何事かと思った。あんな中学生いたら困るわ
卒業した後の、夏帆が教室のものを撫でながら教室一周して岡田将生とキスするまでの静けさと、その後の黒板にキスする一連の流れとかが健康的なエロさがあって良いなあと思いました
でも愛がないからもういいって言って結局終わらせちゃったけどちゃんとキスしなくていいのかな、とか思ったりして
夏帆の田舎で悪いこと知らずに育ちましたっぷりがすごい
岡田将生にもっと健康的に汚されてしまえば良い(最低)


天然コケッコー [DVD]

天然コケッコー [DVD]






備忘録は忘れないためにあるのだから我慢しているのは良くないね
今日から日曜まで多分誰とも会わないから、試しについったーは書き込まないでおいたりしたのだけど別に特に意味はない
あいつ生きてるのか、とか心配してくれたら儲け物
どんだけかまってちゃんなんだよ(笑)(笑)(笑)


素直に生きていければどれほど楽なのだろうなあ
また人と会いたくなくなっている
声かけてもらえるのはとても嬉しいけれど。迷惑な性格ですね。
あーあ