読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bla bla bla

日常のあれこれ

そういえばこれはネット上にさらされているため

いつどこで誰に見られていてもおかしくはないのだけれど
実際「見ました」って言われるとヒャーーってなる
この日記なんてさらせる部分はほぼ素の状態でさらしているので、さかのぼればさかのぼるほど自分のことがわかってしまう
twitterのほうがリアルタイムであけっぴろげではあるけれど。


他人が思っている以上にわたしは自分に興味が持たれていないと思っている
そう思っているからこそいろいろなことができるところはある
他人にアピールすることが好きじゃなくて、講評とか一対一でとかが苦手
誰か何かを伝える時にはそれなりの意味とかメッセージ性とかがなければいけないと思っていて、そういうものを含めたモノをつくったことがなくて、それらを考えられるほどの力もないと自分で自分に思っているので、自分をアピールすることができないまま
自分のために好きでつくったものなんて他人に説明とかする必要ないように思ってしまう
「作りたかったんです」ってただそれだけ。
でもそれじゃ駄目だとも思う
誰かに見せるからには作りたかったプラスアルファ何かがなければいけないのではないかとか
そんなことばかり考えてたらいつの間にかつくらなくなってしまって


先日とある人にお会いしてお話ししたりして
わたしの印象が「数字の8」のようだと言ってくださった
なんだろう。数字の8。
去年は「文字の人」今年は「数字の8」
人を見るならば骨。触れてわかる質感や感情や温度。
なにを思っていようができあがったものがすべて。


2月は楽しみなことでいっぱいだよ