読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bla bla bla

日常のあれこれ

めちゃくちゃな文になってしまった

毎年誕生日は日記書いている気がするけどそんなことなかった。


1年を振り返るという意味で去年の誕生日の日記からざーっと見返してみたのだけど、まあ起伏の激しいこと激しいこと
はたちだったのかーというかんじ。
昨年度はとても楽しかった気がする。いろんなことをした。
一眼レフを手に入れたのが8月で、9月頭に九十九里、9月終わりに制服撮影会、10月末に芸祭の展示、11月に一回忌、紅葉狩り、12月に誕生日があって、年末にアクアリウムと大阪1泊2日旅行
年明けて成人式、月末に初のクロッキーモデル、2月入ってピアスあけて、ラブホ撮影会、撮影モデル、よみうりランドにイルミネーション見に行って、月末に4泊6日トルコ旅行、3月11日東日本大震災、12日に祖父が倒れ、見舞いに行く直前にポストを開いたら留年通知、その一週間後くらいに祖父がなくなる、月末は卒業式
昨年度すごかったな。あらためて。
で、4月入って2回目の2年生、環境が大きく変わって、憂鬱になることが増えた。学校も相変わらず。
未だに何したいのかわからないし、周りの人と距離をとってしまうし、なんかすごい泣いたりしてた気がする。全然覚えてないけど
今年度入ってからも撮影モデルしたり夏には家から横浜経由して愛知、大阪、広島、山口、北九州と車で旅したし、芸祭の展示したりフリマしたり、あとtwitterの人とか他大の先生とか新しい出会いもあって何かとおもしろいこといっぱいあったんだけど
でもなんか違うんだよね。どこかおもしろくなくて、どこか鬱屈としてる、ずーっとそう、何しても思いっきり楽しめてないかんじがある


今日カメラ借りるのが間に合わなくて、もし誰か学校にいたら代わりに借りておいてもらえないかと思って連絡したんだけどそれもかなわず、結局昼休憩終わってから借りて特に問題はなかったのだけど、こういうこともこれからできなくなるんだろうなあとどこかのタイミングでふと思って、残り2年の大学生活、本当にしんどくなることを想像して絶望した
今までは友人の力を借りてなんとかなっていたことも来年からはなくなってしまうし、休んだ時に何やってたかとかそういうこと聞ける相手が(作らない限り)いなくなるから、本当にしっかりしなきゃだめだとそれはそれは強く思った
完璧であれば他人など必要ないのでそうありたいんだけど、いつも必ずどこかしら甘えてきた
お世話になっている他大の先生が「孤独になるよ」と言っていたことを思い出す
耐えられるだろうか


先日友人がゼミの話で意見を出し合っていて、相手のためを思っての少し厳しい言葉も出てきていてそれでちょっと涙流したりなどもあったのだけど、隣でそれをずっと見ていて心底うらやましいと、おそらく今までで最も切実に「ちゃんと進級していれば良かった」と思った瞬間だった
自分が今の時期そういう話のできる相手が同じ学年にいるのだろうか
わたしは自分1人ではやっていけないので、今までの制作も他人の力を借りて何かしら作り上げていたのだけど、これからきっと1人になって孤独に作業を続けて行くことに自分が耐えられるのかわからない、そんな時に声をかけてくれる存在が近くにできるだろうか
ほんとに1人じゃ何もできなくてつらい。


21歳はどうしようか。ただ生き延びてれば十分ってかんじある
あんまり無理したくないし頑張りたくないけどやることちゃんとやってたい
周りと比較しての自分、みたいなのは少しずつなくしていきたい


あー生きるのつらい
今年も泣き言わめいて生きていくのだ