読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bla bla bla

日常のあれこれ

バイトをもうひとつ増やそうかという話
下り方面の最寄り駅の近くにあるビジネスホテルの夜間フロント、日給11000円
乗り気がしないのは日付またいで朝までってことくらい、お金欲しいけどやりたくないけどこれくらいしか条件あうとこないしでもなあとうだうだしている
別に家にいたいわけではないのだけどなんとなく親と顔を合わせる時間が減ることにすごく申し訳なさを感じてしまう
でもお金必要だし。
必要な時に必要なだけのお金がないというのはとても悲しいことだ


気付いたら今週で授業も終わりだしまたずるずるといろんなことさぼってしまった
進級するためにがんばらなければ
うう