読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bla bla bla

日常のあれこれ

そうそう

恋人を新宿駅まで見送って別れた後、何か買い物したいかも、いやなんか買わなきゃ、と思って、チャイハネで指輪を買った
前から親指に指輪をつけたくて、なんか指輪ってちょっと意味ありげすぎるのでは?とも思ったけど、ちょうど良い太さのが見つかったから気にせず買った
普段着けている指輪は家に帰ったらすぐ外してしまうのだけど、新しく買った指輪はずっと着けていたくなる
右親指に何かがある感覚がとても心地よくて、お風呂の時以外はほぼずっと着けている
手をつないでいる時の拘束感に似ているのかもしれないと思ったけど、恋人と手をつなぐ時は専ら左手だったし、そもそもどういう風に手をつないでいたかもちゃんと思い出せなかった。どんな風に手をつないでいたかも思い出せないなんてと思いつつちょっと笑ってしまった。
いつも恋人が左側、わたしが右側で歩いていた。そういう立ち位置のようなものに関してとても相性が良かったのか、様々な場所で特に何も言わなくてもお互いにしっくりくるところを見つけていた
特別な意味をこめているわけではないけど、そんなかんじでなんとなく右親指の指輪は買ってからずっと着けている
メモ書き程度に。


なんかでも書き終わって読み直してるとどっちの手をつないでいたとかどっち側歩いてたとかも本当にそうだったかしら?と不安になってきた。違うかも。笑
つくづく薄情なやつだな。今度会った時に確かめよう