読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bla bla bla

日常のあれこれ

オペラ座の怪人 25周年記念公演inロンドン
オペラ座の怪人は実はちゃんと見るの初めてだったのだけどまあおもしろかったと思う、少なくともつまらなくはなかった、いやおもしろいというか舞台素晴らしい素晴らしい!というかんじ
これは舞台を中継したやつなので映画版をみたらもっと思うことあるかもしれない、でも見るなら舞台を生で見たいなー
一度で良いからシャンデリアの落ちるシーン見てみたい
最近本当に思うんだけどオーケストラの生演奏って聞くだけで涙出そうになる、めちゃくちゃかっこいい、曲の良さもあって全身にギュッとくる
記念公演だったから最期のカーテンコールでロイドウェバー出てきたりあと初演のキャストとか各国のファントム役だとかあとサラ・ブライトマン出てきてとにかく豪華で、サラ・ブライトマンの生The Phantom of the Operaの時に後ろから4人のファントムが燕尾服で現れるのウワアかっこいいなんなのってなったし、ぶっちゃけ歌はクリスティーヌ役の人(シエラ・ボーゲス)のが全然上手いなあと思ったけどとにかくそのファントムが4人がかりで合いの手入れてるのが本当に本当に豪華で、最期なんて今回のファントム(ラミン・カリムルー)まで出てきちゃってずるい!ずるい!ってなった
いやそりゃなるよね、だってサラ・ブライトマンのためにクリスティーヌ役って生まれたわけでさ、旦那が妻のために役をつくってさあ大きな舞台で歌うことができるだなんていつでも死ねるわ、まあとにかく素敵だったんだよ
あとファントム役の人ってどの人もなんとなく声質似てるなあと思った、当たり前なんだろうけど合いの手入れるときってやっぱりちゃんと役に入って歌うのだろうし、それもあってかどの人もすごく妖艶な魅力があるというか、クリスティーヌを愛している様子が伺えるというか。それがまたとてもたまらないなあと思うわけです。簡単に言えばエロい。もっとやれ。
完成された舞台ほど素敵なものはないなあと思った。金も人も大量に投資されていて、それが余すことなく十分に使われている舞台は本当に本当に素晴らしい
そもそもロイヤルアルバートホール自体がめちゃめちゃかっこいい
考えてみたら舞台に立つ楽しさとか喜びとかって自分も経験したことがあるもので、それってみんながみんなしてるものじゃないんだなあなどと思ったりもした
身体表現はよいですね。またダンスやりたいです。
推敲なしで書き綴ったのでめちゃくちゃかもしれないけど勢い大事ってことで許してほしい


あと昨日東京事変の解散ライブの映画館中継を見に行ったのだけど、それもそれでまあ舞台すごくかっこよくて、オペラ座のと同じで映像と照明とオーケストラとってあわさると本当に鳥肌立つ!!!!めちゃくちゃかっこいい!!!!!!!
東京事変のは大人が真面目に遊んでるかんじがあって、それがまたすごく良かった。金と力のある人間が真面目に遊んでる姿はとても素敵だなあと思う(あんまり表現が良くないかもしれない)
事変のライブも生で見たら(聞いたら)もう涙止まらんかったんだろうなあ
映画館の観客はみんな日本人らしさにあふれてておもしろかった


「美意識」みたいなテーマって良いかもなあと思った