読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bla bla bla

日常のあれこれ

朝方6時くらいに寝て、10時くらいに電話が鳴って知らない番号だったからハイパー不機嫌な声で電話に出たらヤマトからプリンタ着払いの連絡でアッはいすみません、今から、ハイ、みたいな、挙動不審になってしまった、すごい恥ずかしかった
今から行きます〜って言われたからあ〜はいはい今からね、今から、ムニャムニャってしてたら本当に30秒後くらいにトラック来たのでめちゃくちゃ焦った
無事プリンタ受け取って、なんだか寝るわけにも行かないしなあと思ってご飯を食べることにして、昨日の残りのカレー半分を思い出したので食パンの上にチーズと一緒にのせて焼こうと思いつく
本当に眠かったのでタッパーを斜めに傾けた状態で立ったまま寝ていたら隣に母親がやってきて、「ねえ、すごい報告して良い?」と聞いてきた
珍しく神妙な様子ででも深刻なかんじはあんまりなくて、逆にそれが不安で「えっやだ」と言ったら「あのさ、じいちゃんとばあちゃんが車で事故したって聞いた?」だってさ、聞いてねえよ
は?って思わず声が出た、地方紙で取り上げられるレベルの事故って言うくらいだから死んだのかと思って、でも「死んだの?」なんて聞けやしないし、混乱してたら「今入院してる」とのこと
混乱極まって「な、なんで生きてるの」と言ってしまった、率直に、単純に
結局何が起こったかと言うと、立体駐車場でアクセルとブレーキ踏み間違えて4メートルの高さからフェンス突き破って落っこちたらしいのだけど、シートベルトしめてたからエアバッグ開いて一命を取り留めたそうだ
でも肺を強く打っていたり、背骨が曲がっちゃったりしたらしく、当たり前だけど車は大破してしまったので交通手段がなくなってしまって困った困った、と叔父から聞いた
一緒に住む可能性もあるらしい
うーんどうなるのだろう
母親が近いうち見舞いに行くそうだ


あーもう本当にびっくりした
身体から血の気が引いた
その後13時くらいに眠気戻ってきて仮眠とってバイトに行き、バイトは久々に忙しくて休憩とれなかった
浄水器ある場所で機材洗ってたら夜勤さんがポット持ってきて「水入れたいぜよ」って言ったのめっちゃ可愛かった、くそ笑った
その後ポットのふた開けて蒸気で「あっち!!!!」てなってるのもとても良かった
あの人本当に素敵だな。
おわり