読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bla bla bla

日常のあれこれ

なんだか起きれなくて久々に学校をさぼった。久々というのもおかしな話だが、考えてみたら先週は5日間全部しっかり通ったのだった。すごい。でも5日間学校にちゃんと通うと1週間の流れがとても早く終わることを知った。今日無為に寝て過ごして1日が終わった時の絶望がすごかった。別に1日寝て過ごすことが嫌なわけではまったくない。ただ学校に行かなかったことが発端となって絶望に飲み込まれてしまった。学校に行きたいとは思わないけれど、家にいると1日1日をしっかりと認識してしまう。学校に行けばぼんやりと講義を受けて帰ってきたら1日が終わり、というのを繰り返していくうちにいつの間にか週末になってまた1週間が始まる。そうやって日が流れて行くことを意識せずにいることができるほうが良い。そしたらちゃんと学校に行かなければならない。がんばれない。つらい。つらい。つらいよーーーーーーーー
15時半から前々から気になっていた駅近くの個人経営のパスタ屋さんに面接に行った。電話口で話した時よりもオーナーの男性は面倒くさくない普通のおじさんだった。採用不採用は後日なのかなと思ったらその場で話が進んで次週から働き始めることになってしまった。個人経営ってこんなに緩いのね。でも「こちらから働いてくれと頼んでいるわけじゃなくて、あなたのほうから働かせてくれと来ているわけだから」というようなことを言われ、まあ納得はできるもののもう少し言葉の選びようがあるんじゃないかしら、と思った。まあ仕事なんて嫌なことのほうが多いから、試用期間で自分に合うかどうか考えてね、辞める時は言いにくいだろうけどちゃんと言ってください、とのこと。その辺の理解はあるのだなと思った。
面接終わってから駅のほうに行き、反対口の駅前の通りに随分前からある謎の煙草屋を見つけ思い切って入ってみたら予想外の品揃えの良さだったので気になっていた煙草をひとつ買って出た。そのまま基地の近くにあるカフェを覗きに行って相変わらず求人が出ていないことを確認し、その周辺の小さな店などをひやかして帰った。基地の辺りは海外に似た風情が残っていて、ちょっと覗いてみると謎の雑貨屋だとかワークショップみたいなものだとかがあったりしてとてもおもしろい。公民館に出たところでそういえばここのプラネタリウムよく行ったなと思い出して、まだやってたら今度見に行きたいなと思った。
家に帰ってからアウトレットに靴を見に行った。ジルスチュアートのコルク地っぽい総柄のパンプスがとても可愛かったのだけど値段にふんぎりがつかずやめた。早くパンプスが欲しい。でももうサンダルの時期なのかもしれない。なかなかしっくりくるものが見つからなくて、見つかったとしてもべらぼうに値が張ったりするので悲しい。


帰りがけゴディバでショコリキサー買って帰った。めちゃくちゃ甘かった。最近暴飲暴食が過ぎる気がする。
買い物行く前に洗濯物取り込みながら、そういえば母の日何もしなかったし多分父の日も何もしないだろうなあと思って、年1回で何かするなら今年のクリスマスにはケメックスのコーヒーメーカーみたいなそういうものあげようかなあなどと考えたことを思い出した。
美味しいコーヒーが飲みたい。あと家でも入れられるようになりたい。
どんな豆が美味しいのかひとつでもわかると良いのだけど。
おわり