読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bla bla bla

日常のあれこれ

前日からの半徹夜状態でプレゼミに出た。初の遅刻。写真を貼り出している最中だったのでギリギリセーフだったっぽい。先週ふたりで組んで撮影しあったものの講評で、自分の顔をまともに真正面から撮られた写真というのを見る機会って自分にとってはなかなかなくて、A4いっぱいに写る自分の顔を見てなんとも不思議な気分になった。自分が撮る自分の顔と、他人の撮る自分の顔は若干違うように感じる。ただアングルや構図を変えて撮っただけのものだったけど、なんとなく印象に残ったのでよかったらデータもらえないかなあなどと考えた。今回も全員でいっせいに課題の撮影を行い、相変わらずの自分の馴染めてなさを感じる。丁寧語をあらためたほうが良いのかもしれない。
昼に同じゼミの子の、前の大学で一緒に編入した他学科のご友人と3人でご飯を食べた。映像学科の人だったので写真の話などをする。編入生目線の学生生活はずっと同じ大学にいる自分とはやっぱり違くて、ここは良い、でもここはあんまり、などと比較し見れるのって良いなあと思った。最近はできる経験ならどんなことでもやってみて損はないなと思うようになった。他人に迷惑さえかけなければ何をしても自由。
3限のデザイン史でうたた寝をして、学内をふらふらして喫煙所でぼんやりする。久々に会った友人と15秒くらい話をした。別れてから言いたいことがいっぱい浮かんできてもったいないことしたなと思った。そのへんの瞬発力をもっとあげていきたい。
スタバのチョコレートクッキークランブルフラペチーノを飲んでみたがあんまり美味しくなくてがっかりした。


家に帰ってちょっと寝て、たまった洗濯物を無心でたたみ続けた。そのあとパスタを作る準備をし、父親を迎えに行って、戻ってきてから制作開始。なんだかんだでパスタ作るのが多分初で、時間のことなど気にしていたらいろいろ手間取って味付けやら風味やらが少し物足りないキャベツと生ハムのパスタができあがった。食事の後は食器も全てかたしてテーブルも拭きあげ、全部終わって一息つく。洗濯物も調理もたまにやるととても良い気分になる。でも毎日はできない。仕事にすることはできない。
将来一人暮らしをしたら、食材を持って友人に遊びにきてもらって、その食材でご飯を作って出す、というようなことをしてみたい。
調理師免許が欲しい。
全然関係ないが、サルエルパンツを履く女の人のシルエットはセクシーだと思った。