読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bla bla bla

日常のあれこれ

思い出し記2

7時58分に起きた。8時半に友人のSに電話して、Sが出てからの対応をAさんに任せたら当たり前だけどSがかなり驚いてて3人でスピーカーホンにして聞いていたから笑った。結局BBQはなしになったけど11時に渋谷に集合ということになり、それまでだらだらした。Aさんが柿とみかんをくださり、それを食べ、煙草を吸いに外に出たり、劇団☆新幹線の公演DVDを見たりして時間をつぶした。10時くらいになってなんとなく小腹が空いたねという話になり、「米とじゃがいもと玉ねぎしかないんだけど何か作ろうか」との提案があったので、リゾットを作ってみた。ホールトマトもあったのでそれもあわせる。適当にやった割に上手く作れた。そんなこんなで集合の11時は過ぎて、遅刻で参加しようと思ったら突然大雨になり足止めをくらった。結果的に渋谷に着いたのは12時半頃になった。桜新町までの道中はサザエさん関連の看板が多数あって、3人であそこにワカメちゃんだ、これだれだっけ、などと話しながら歩いた。本当にフィルムを持ってき忘れたことが悔やまれる。最近そういうこと多くて良くない。


渋谷に着いてTSUTAYAでSとHさん、Kさんと合流、レンタルCDの棚のところに3人してしゃがみ込んでいる図はかなり異様な雰囲気で声をかけるのに一瞬ためらった。これからの予定を聞いてみるとレンタカーを借りて群馬に行くとのことで、群馬????と思わず店内で変な声を上げてしまった。群馬に行くこと以外は何も決まっていないノープラン旅行になる模様。とりあえず最初のSAで情報誌をぱらぱらとめくり、わりかし近めなところでめぼしいところだと洞窟観音というとこらしく、とりあえずそこに向かってみる。着いたら平日だからなのかはわからないけれど誰ひとりとして観光している人はおらず、聞いてみるともうあと10分で閉まるらしい。せっかく来たのだからやけくそで入場料を払って見学してみると、思いのほかおもしろいスポットで、何体もの石像に4人して圧倒された。洞窟観音から少し行けば白衣大観音も見れるようなのでそちらにも向かう。白衣大観音が思ってた以上にかなりでかくてウオーとかワーとか叫んでしまった。有料ではあるものの胎内に入れるようで、そもそも胎内という表現の仕方からしてさすが観音様は違うな、というかんじだったし、ちなみに胎内は禁煙である表記には笑ってしまった。正しいっちゃ正しいんだけど情けなさ極まる。
そこからさらに歩いて吊り橋?を見て、渡るつもりだったけど雨が強まってきたので中程まで行って戻ってダッシュで車のところまで行き、いい加減腹が減ったので何かこのへんの有名なものを食べよう、ということになってひもかわうどんの店を探す。高崎駅の中にあるそうなのでそこまで戻り、いざ探してみるとそば屋しかなくて、ちゃんと調べてみたらそのうどん屋がつぶれてそば屋になってしまったみたいで、結局うどんを食べにきたのにそばを食べることにした。そばには生わさびがついていてすりおろして食べるのだけど、余ったら持って帰ってよいようなので、専用の袋に入れて持って帰った。みんなも持って帰るかと思ったら余らせてたのはわたしだけで、みんなゴリゴリすって食べていた。
帰り道は良い男と良い女の定義について話し、そのへんの話に特に落ちもなく、無事渋谷まで戻ってきてレンタカーを返して、TSUTAYAでCDを返して、飲み屋へ直行、ジャンボビール×3とあらごしみかん酒で乾杯。今日の反省をしよう、ということになり、SとHさんKさんの3人が開口一番「一連のレンタルCDのくだりはいらない」という話でたぶん1時間くらい言い合いを始めて笑った。ただひたすら聞いているのみ。仲良いなあとへらへら。
時間があっという間に過ぎて終電を逃してしまって、ネカフェに泊まるというSを引っぱって最寄り駅から2つ手前までの終電に乗って帰ったところ、男性陣2人は終電に間に合わなかったようで、Hさんの家に行くことになったから一緒にどうか、とSのところに連絡が入り、ちょうど新宿に着いたところだったのでSはふたつ返事で降りて行ってしまった。なんだそれふざけんな!!!!!と思ってばかやろうとLINEで思いっきりなじったら、最初は「一緒に行こうよ〜」などとへらへらしていたSが電話で泣き出してしまって、あっやりすぎた、と思った時にはもう遅くて、高田馬場のホームで「本当に怒ってないから、嫌いにならないから、気を付けてね、おふたりによろしく、楽しんでください」となだめて電話を切った。久々にこういう失敗をしてしまったように思う。言い過ぎた。
前日からためにためた有料駐輪場の料金は700円になっていて、思ってたよりいってなくてよかった。後味悪い。でもまあ楽しかった。まわりの3人がずっと話してたからほぼ黙ってたけど、それでも許してくれるひとたちは本当にありがたいなあと思う。


普段はほとんどオールなんてしないのに、夏のバイトで仲良くなった人たちとはいくらでもオールできてしまうから不思議である