読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bla bla bla

日常のあれこれ

さかのぼり記4

この日はいろいろありました。
まず午前中から派遣バイトの研修があり、オフィスカジュアルで来いとのことだったのでワンピースにニット着て行ったら、研修は私服でよかったみたいで拍子抜けした。隣に座った男の子が大学1年生で、そうか大学生ってもう半分以上は年下になるんだよなあとなんとも言えない気持ちになった。
14時に研修が終わってそのまま新宿御苑に向かい、ゼミ展のための撮影で練り歩く。パンプスが石畳の隙間や砂利道にささりとても歩きにくい。カップルや夫婦が本当に目立っていて、でもその中をオフィスカジュアルにカメラ携えてという異様なスタイルでざくざく歩くのはまったく気にならないと言うか、逆に世の人々の言うデートスポットひとりで歩くのつらい、みたいなのはなんなの?とさえ思えるほどであった。課題の撮影をガシガシ進め、意外と皆さん近距離でカメラ向けても自分が撮られてるとは思わないものだなと思った。あとレンズマジで欲しい。
閉園ぎりぎりまで撮影して、17時にご友人と待ち合わせをしていたので東口にむかい合流。かねてから決めていたバッティングセンターに向かい、打ち倒し投げ倒した。さすがにパンプスじゃ打ちにくかったのでバッターボックスにタイツで降り立ち打つという完全に色気もクソもない状態で3打席ほど打った。バッセンとてもたのしい。
バッセンしたおしたあと伊勢丹に行き、メンズ館などふらふらしてネクタイの話したりジャケットがあーだこーだ話したりし、いい加減腹が減ったので鍋を食べ、そのあとカフェに入って終電まで美味しいコーヒーをいただきながら話した。とてーも楽しい時間であった。
世間的に言うデートってこういうものを言うのかもしれないけど、目的としてはバッティングセンターに行ってご飯を食べるという認識であったので、別にデートではないよな?と思う。多分その辺の認識はかなり甘い。自分はおかしいということはわかっています。
しかしながら最近になってこういうかんじで男の人と接せる機会が増えて、自分も変に意識したりせず普通にしていられるようになったので、無欲というのはすごいものだななどと感じること多いです。はっはっは
楽しければそれでいいじゃないですか、だめか