読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bla bla bla

日常のあれこれ

ゼミの面談を経て自分の意図を話したら「展示の仕方とか場作りが重要になるわけだから、そうするとファインアート的な見方にもなるかもね」と言われて絵が描きたかった気持ちとつながった感じがした
その言葉を聞いて頭がすっと冴えた気がした、ファインアートがしたかったんだと言えるならそれはとても素敵なことだと思った
この制作をやりきって制作という環境から逃れて、それとともにまた絵が描きたかった気持ちが救えるなら、それは自分にとって何物にも変え難いとても大きな意味を持つものになるのだろうな
ちゃんと考えていかねばなるまいな