読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bla bla bla

日常のあれこれ

この日、本命のひとつである企業の個人面談に行きました。今まで就活をしてきて初めての社員と1対1での面談で、その前のグループディスカッションでそこそこ空気の読めないことばかり言っていたのでまあ駄目でもしょうがないと思っていたのになぜか通って驚いた。学生生活で力を入れたことについて話をすることになるだろうということはあらかじめわかっていて、それでもやっぱり社員の人を目の前にするとあーとかえーとか言ってしまって、その頭の片隅でああどもってるなあとか質問の答えになってないなあとか思っていた。感性とか言わないで欲しいなあと思った。
面談の最中に特技の話になって、「友人に上手いと言われたのでこれから口笛を特技にしていこうと思っています」と答えたら今吹けますか、と言われたので吹いた。何を吹いたら良いのかわからなかったので星条旗よ永遠なれを吹いた。面談の場所はフロアをパーテーションで区切ったものだったので、他の面接も行われているフロア全体にわたしの口笛が響き渡るのがわかった。きっと他の人たちはこの面談が終わった時に「なんか面接中口笛聞こえてさあ」とか話したりするんだろうなあと考えたりした。
きりのいいところまで吹き終えたところで面談は終わって、通過の人のみ連絡が行く旨を告げられて会場を後にした。ビルを出て一息ついたらなんだかすごく楽しくなってしまって、ふらふら歩いて近くの駅まで行こうと思いつき地図も見ずに適当に歩いて、何もないのにひとりにやついたりスキップしたり鼻歌口ずさんだりしてしまった。オフィス街の道ばたで。リクルートスーツを着て。
結果がどうだろうとなんでもいいやという感じだった。まさにナチュラルハイという感じ。自分でもびっくりするくらいテンションが高かったのを今でも思い出す。
結局その日は友人を呼び出して夕飯を食べて帰った。
当然ながらその日の結果は来ていない。逆に来たらびっくりだったけど。
多分面談をした人事の人は今年もまたうちの学校に説明会に来るんだろうから、どうせならあの時面談すごく楽しかったですとか伝えてみようかなとか思ったりしたけどそれもストーカーみたいだしやらないと思う。きっとその時には忘れてるだろうし。
1ヶ月も経てば今起きてる些細なことなんて忘れてしまってるよ。