読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bla bla bla

日常のあれこれ

自己肯定感も自尊心も残念に思うほどに低いけれど、もし自分が不意に死んでしまったりしたら悲しんでくれるだろう人がいると思えることは、至極当たり前のことだけど大事だよなと思った
自分がいなくなることで与える影響がわかることってできるようでできないものなのかな、なんて
死にたいと思うことはやまほどあるけど実際に死ぬようなことをしないのは、それをして悲しむ人がいるからというのと、単純に死ぬのが怖いから

最近は歳取るのが恐ろしくて恐ろしくて
時間が流れていくのつらすぎる
あっという間に30歳。