読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bla bla bla

日常のあれこれ

先日インポートの革手袋を購入しました
イタリア製羊革ニット裏の7インチ、ダークブラウンにピンクのパイピング
革の手袋はスエードにニットのリブが着いたものが可愛いな〜と思ってたのだけど、型落ちにつき7、8割引くらいで買えたのでまあ勉強がてらと思い購入
しかしながら多少流されて買ったのもあり、失敗した点もちらほら
・ニット裏だから暖かいと思いきや意外と寒かった(電車乗ってる間着けっぱなしにしてても末端まで冷えたままだった)→原因不明
スマホ対応手袋じゃないためiPhoneをいじるたび手袋を外さなければならない→デザインとサイズには留意していたけどそれ以外を気にしなかったため機能性について完全に忘れていた(そもそもインポートだとスマホ対応型が少ないことも忘れていた)
・手首に切れ込みがあるデザインのコートとの相性があまり良くない→切れ込みによるちょっとした広がりがコートのリブとすれあって手首から風が入る
・今まで使ってた手袋が5指でも指切りのかぶせミトンのタイプだったから指先まで覆われてることに慣れない
などなど
サイズは試しただけあってちょうど良く、使って行くうちに伸びることを考えたら問題ないと言えよう
色もデザインもシンプルで合わせやすいけど上記の点が気になる
あとやっぱり普段から使っていたモコモコのかぶせミトンのが愛着がある、なぜなら店頭で気に入った素材感とデザインのものを探して買ったから
やっぱり自分の足で歩き回って探すことが大事だな〜という
そこに値段は関係ないという話
他人に後押しされて決めるものより自分で決めるもののほうが気持ちが入るというもの
いろんな意味で勉強になりました

ずっとコートを買い換えたくてついこの間自分にとっては価格帯高めのものを買ったのだけど、高くても試着して気に入ったものを選んだので着るのが楽しい
毛玉ができないようにどう使っていけばいいか考えているところ
ちょっといいものを長く使えるようになりたい、そういうお金の使い方をしていきたい

あと前から思ってるけど雨傘をビニ傘じゃなくて安物でも長傘選んで使ってる人見ると嬉しい気持ちになる
雨の日のお気に入りの傘は大事
10000円とかの傘はさすがにまだ買えないけど

まとまらないけど備忘録
お気に入りは大事です
以上