読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bla bla bla

日常のあれこれ

卒業後の進路はずっと工房に入って染色や織物の技術を学びたいと思っていたのだけど、なんとなくそれで良いのかなと揺れることは多々あって、それはまあ技術的なことだったり院に行く必要があるのかとかとにかく本当に何もわからない状態であること、未知の領域に踏み込むこと、あまり自分にむいてないと思われる制作サイドにまわることに対する不安だとかそういうものが原因だったりするのだけど、よくよく考えてみてやっぱり自分は作ることに対して自信がなくて、別に自分がモノを作る必要ってないと思っているのだと思う。やりたいと思ったものはどれも真剣に取り組んではいるのだけど、自分の思う「本気」にはならない。遊びだから気楽に本気になれるのであって、本気のものを作るために頑張ることができないというか。伝わりにくい。
趣味の中での本気でしかないというか。それはそれで良いと思うんだけどそれじゃないとも思う。なんだろう。わからない。
うーん。とにかく自分の中ではどれも「本気」ではないのだよ。
そんなことを考えたりする


で、制作サイドはやっぱりむいてないんだなって何につけても思うんだけど、やっぱりどうしても制作サイドでいたいという気持ちが捨てきれなくて、そっちにしがみつこうとしているのではないかと、それで今とはまったく関係のない道を選んでいるのではないかと感じたりする
あと美大に来て結局進路が制作サイドではないのはどうなのって思われるんじゃないかと、無意味にまわりの目を気にしていた自分がいた
本当は接客とか販売とかそっちやりたいってのはあった、というかクリスマスに百貨店に行って激務に追われる店員さんを見て「百貨店すごい大変なんだろうけどここではたらくの楽しいだろうなー」とぼんやり思ったりしたのだ
友人に**は販売のほうに行きたいんだって、という話を聞いて、それでああ販売やりたいって人もいたんだ、と思って、それで思い出した
多分そっちのがむいてるとも思う。
そしたら就活もすることになるな
どうしようかな、などと考えている


工房に入るって資格や学歴が重要な世界ではない(はず)だから、別に急がなくても良いのかもしれない
新卒であることが大事だったりする場所に、まずは卒業後すぐ一般企業に入って、しばらく後に辞めてから工房とか入るんでも良いのかもしれない
ほんといろいろ割れてきた。どうしようかな。どうしましょう
とりあえずまずは進級・・・・・・


今更ながら2012年は品の良さを身につけたいなあと思った
他人からよく言われる「真面目さ」だとか「大人っぽさ」のようなものをもっと上手く扱うというか、そう言われるのにふさわしい中身を持ちたいと思う
生活もしっかり立て直したいし、もっと人として賢くなりたいなーとか。
素直になりたいですね
がんばりましょう