読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bla bla bla

日常のあれこれ

徒然

大体何か曲を聞いているとするとミュージカルの音源をひたすらに流しているだけなのですが、さすがにめちゃくちゃ英語力があるわけではないので音として聞き流している状態で、なんとなく気になったところだけは意味がわかるような感じなので、実際のところはまあ半分以上歌の内容は理解できていないに等しい。音楽と歌い手のテンションと実際に見た舞台のシーンでイメージで補填しているような感じ。

それでもたまに何かの拍子でするっと歌詞が頭に入り込んできて、音が耳に入ると同時に頭の中で日本語に変換されて、ああこういうことを歌っていたのか、と理解できる時が本当にたまに、まれにあって、その瞬間の頭の中がクリアになる感じはとても気持ちがよく、非常に驚くとともにきっとこうやって取りこぼしていることがきっと何百、何千とあるんだろうなと思うとなんとももどかしいというかもったいないよなあという気持ちになる。

中国語とかもそうなんだけど、他人と言語が共有できないことでコミュニケーションがはかれないことが本当にもどかしくて、もっとこうできるのに、相手のことを受け止めてこちらの気持ちを伝えられるのにと思うことが多い。

ただ単に語学を勉強すれば良いだけなんだけど。

今更ながらお勉強の仕方がまったく分からないので何も進歩せず、相変わらず適当なノリで仕事中に英語の対応をしては連休は海外に飛んで適当な相槌を打っている有様である。

 

6月末に友人に誘われてノリで受けたTOEICの結果が先日出て、当日は読解の最後のほうで今までになく時間に追われてめちゃくちゃ適当に埋めたりしたからさぞわるかろうと思ったらなんと前回より全体で100点も点が伸びていて驚きのあまり声が出てしまいました。まぐれながらも嬉しい。

リーディングの点数がはちゃめちゃに低いということはそれだけ伸びしろがあるというわけで、なーんだ頑張ればもう100点くらい簡単に行くんじゃないのとか思っちゃったりするくらいには自意識過剰ですが、実際のところ全然勉強していないので本当にまぐれなんだろうという思いです。

 

そんな感じながら英語をもっと使いこなせるようになりたいなあと思う毎日。

言語しかり身体しかり自分の思ったとおりに操ることができたら最高だろうなと思う。

もっと頑張らなければならないけど頑張れないなーといういつも通りの甘えである。