読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bla bla bla

日常のあれこれ

今何考えてた?
わたしのことどう思ってる?
わたしのこと好き?
こういうことしたいな
どうしてそういうことするの?
なんで?
どうして?


っていうひたすらに面倒でしかない言葉の数々がそれはもうアホかと思うほど嫌い
嫌いなんだけどそれらの言葉をいっぱい言いたい自分がいる


つまらない考え方だとか、損な考え方とか、そういうことは言われつくした気がする
じゃあどうしたらいいのさ勝手にブレーキかかるんだよ
駄々こねるのなんてガキみたいじゃない
物わかりの良い人になりたいんだよ
でも言いたいこといっぱいあって
それを言ってしまうとなりたい自分じゃなくなってしまう
ガキになってしまう


物わかりの良さって何?
今までイイコチャンでやってきたからやっぱり物わかり良いと周りが認めてくれる、褒めてくれる、っていうのが染み付いてしまったんじゃないだろうか
あまりハメをはずすべきではないとか、言われたことはきちんとすべきだとか、求められてないことはしないとか
でも本当にそれでいいのかな


自分の主張をおすことが良いことだとあまり思わない
自分があまり良いと思わなくてもそのまま他人に身を委ねて、求められたことを完遂することのほうが良いことだと思っている
それって責任転嫁だったりするんだと思う
自分が決めたことじゃなければ何をしても一番核の部分はわたしのものじゃないから


他人の持っているわたしの像に日々殺されていく気がする
どう頑張ってもわたしはその像にはなりきることができないから
でもその人にとってのその像って現実のわたしとリンクしてて、そしたらわたしもリンクの先の見えない「わたし像」にならなければいけないんじゃないかと思う
無理だよね


もうわけわからんわ
何書きたかったか思い出せん